061c_72

交際をあきらめるなんて、こっけいです

きみは、事態を悲観的に考えすぎます。また自信がなさすぎます。この二つは、良くない性向ですから、改めるようお勧めします。これほどまでに道路や交通が発達したいまの世の中で、わずか八キロ離れただけで、交際をあきらめるなんて、こっけいです。仕事が終わってから自転車で出かけて、どれだけの時間がかかりますか。そのくらいの距離を毎日、通勤や通学している人は、おおぜいいるのですよ。若いのに、しんどいと言うのですか。それなら、毎週土曜だけにしてもいいでしょう。のべつ会っているより、間隔をあけたほうが、恋愛感情はかえって高まるものです。さらに電話をかけ合う、手紙をやりとりするという方法もあります。手紙は、なかなか情緒性があって、恋愛にうるおいをもたらします。将来、スーパーの経営を継ぐことが約束されているなんて、すばらしいではありませんか。規模は小なりといえども一城の主。やりがいがあります。きみは、お父さんに感謝すべきです。この仕事を彼女が気に入るかどうか。それは彼女の意思を聞いてみないことには、わかりません。ただウジウジと不安がっていないで、勇気を出して、彼女に当たって確かめてごらんなさい。きみが将来の抱負を自信に満ちた態度で語れば、多分、彼女は頼もしく思うでなお、彼女は結婚の相手としてそんなにすてきな女性か、一時の熱病ではないか、冷静になお、内省なさるよう申し添えておきます。どこかの別の方との結婚を考えるなら結婚相談所 比較 ←こちらへ。
会わないでいると、思いだけが独走する、という場合もありますから。

059j_72

恋愛についてそうとうに強い関心と興味

高校二年生の年ごろの女子は、どのような気持ちでいるのか。もちろん、個人によって異なる問題ですが、一般論として、恋愛についてそうとうに強い関心と興味、あこがれをもっていると考えられます。また、そういうことに関しては敏感です。したがって、あなたが夢中だということは、とっくに感じとっているはずです。それを、ワクワクした、はずむような気持ちと、半面、困惑したような気持ちとの交錯で受け止めているものと思われます。ところで、うれしい気持ちというのは、あなたを愛しているからではありません。女性は、自分のほうは愛していなくても、愛されることを決してきらいません。自分にとって、生まれて初めての、疑似恋愛的対象としてのおとなであるということ。これが、ワクワクする最大の理由です。十三、四歳、年上の男は、疑似恋愛の対象であるならまだしも、結婚の対象としては、とうてい考えられないのが、この年ごろの女子の一般的心情です。ここのところを混同なさらないように。そこで、あなたのとるべき態度は、先方の両親にはっきりと意思表示をすることです。「何年でも待つ決心をした」などと一方的に決めたって、ひとりよがりというものです。意思をあいまいにしておいて、そっと関心を引くなどは、相手の心をもてあそぶことになり、ひきょうですし、いずれあなた自身にもよくない結果を招くことになります。なお、意思表示を前に、彼女との結婚を再度、きびしく自己省察なさい。1つの選択肢として、結婚相手を新たに探すことをご提案します。結婚相談所 大阪 ←こちらがお勧めです。
面影うんぬんでは、代用品にすぎず、本当に愛していることとは違いますよ。

059k_72

最も重要な時期

最も重要な時期です。三十歳になったとき、どんな人間になっていたいか、四十歳に達したとき、どのような生活をしていたいか、できるだけあざやかなビジョンを描いてごらんなさい。そして、この目標の実現のためには、どこの大学の夜間部の何の学部学科に入学するか、あるいはどういう種類の通信教育を受け、何年後にどんな資格を狸得するか等々、綿密な計画を立案し、着実に励行することが肝要です。恋愛も結婚も、あなたの場合には、この人生の根本設計の中の一環として位置づけるべきです。出会いを探す選択肢もあります。→サクラのいない出会い系 こちらで新たな幸せを掴んでみても良いと思います。
着実に歩みを進める道程において、友達に優る理解者・協力者はいないという見極めがついたなら、四歳年上など問題ではありません、真情を吐露し、結婚を前提とした交際を申し込みなさい。一度や二度、断られても、真筆に懇請し、三度、拒絶されたらキッパリあきらめなさい。また、グラマーだとかなんとかで定見もなくフラフラと恋のな
んのということなら、申し込むのは初めからおやめなさい。そんなのは、おくてのバカみたいなもので、いずれ熱が冷めます。いずれにせよ、飲み屋などでペラペラと第三者に告白するような軽薄なふるまいは、今後しないこと。自分の全生涯を見渡し、もっとまじめに真剣に省察しなくてはいけません。

059g_72

あこがれの同級生と卒業後初めて会ったが会社の下品な上司と同じでした

「私はオクテで……」とか、彼のほうも同様ではないでしょうか。「最高にできた」とのことですが、そうだとすれば一流大学を目ざして受験勉強に明け暮れし、女の子との交際経験は、あまり豊富ではなかろうと思われます。それが、大学にはいることができ、とたんにこれまでの抑圧からパッと解放された。春以来、羽根をのばし、ディスコの味も覚えた。というところで、あなたと再会。自分にあこがれをもってくれている女の子、しかも外見はぐっとおとなっぽく変化しているので、彼はちょっと有頂点。それだものですから、手をにぎったり、バストをチラチラ見たりしたわけです。異性関係についてやたらとヤポな質問をするのは、あなたに一時的な強い関心をもったためでもありますが、また自信がないからでもあり、より根本的に女性に慣れていないことに由来します。「失望した」とのことですが、理想視しすぎるから幻滅を感じるのです。彼は、あなたの近辺の上司や男性社員と比べて、それ以上でも以下でもありません。ごくありふれた、少し未熟な男にすぎないのです。別の出会いを探すなら→出会い系アプリ たくさんの男性から選べますし、選んでくれるかもしれません。
なお、ついでながら、彼が結婚をするのは、大学を卒業して数年たったのちです。それまで待っていたら、あなたは。バカを見ますよ。まあ、就職ホャホャなのですから、仕事に全力を傾注なさい。そして何年かかけて徐々に男性鑑識眼を育てていらっしゃい。りっぱに精勤していると、いずれりっぱな男性が登場してくるものです。

059d_72

あきらめたほうが賢明

結論を先に言うと、あなたは、その男性をあきらめたほうが賢明である、と私は考えます。その結果、やがてその男性と恋愛関係になり、結婚することになるかもしれませんが、それならそれでせいぜい祝福しておあげなさい。そして、あなたのほうは、この一件を契機として大いに発奮し、自分自身の情操・教養・思索力といった内面性を磨き、虫さその男性よりいっそう優る男性を夫に選ぶことをお勧めしたいのです。なぜ、こう勧めるかというと、二人とも十分な男性鑑識眼が備わっていないように文面からうかがわれるからです。多分、その男性は、ハンサムで、背が高くて、ちょっと名の通った大学を出ていて、有能そうで、女性に対して気のきいた口のきき方をして……要するに女性にモテるタイプなのでしょう。現係長という点も、頼もしく映じる一要素をなしているのかもしれませんね。ですから、彼もそれなりに、けっこうすばらしい男なのでしょう。しかし、同程度にすばらしい男は、ほかにもおおぜいいます。新たな出会いを探すなら←このサイトをお勧めします。
たまたま身近にいたのが彼にすぎないのであって、それを親友どうしではち合わせし、「一所懸命に耐え、深刻に悩む」など、広い視野から見れば愚かなことですし、直言すればコッケイでもあります。深い交際まで進まず、ポーッとのぼせている段階で、さっさと心のスイッチを切り替え、内面性と鑑識眼の涌養に励んだほうが将来の幸福に連なります。